HOME>トピックス>何が必要か知ろう

どれくらいの費用がかかるのか

ゲームプログラマーは、その名のとおりゲームのプログラミングをすることを仕事としている人のことです。ゲームを作るためには多くの人が関わり合っていますが、プログラマーはゲームそのものの動きを作っています。スマホゲームが流行している現在では、その環境に合ったプログラム言語を使いこなせる人が求められている状態です。独学でも学ぶことができないわけではありませんが就職する場合は、大学や専門学校に通い、卒業しておくことが最低限必要な条件ともいえます。学費はどこの学校に通うかということでも変わりますが、だいたい1年間で100万円から160万円ほど必要です。ただ専門的なことを学べるので、ゲームプログラマーになるには必要なことであると評価されています。

学費以外にも必要なものがある

ゲームプログラマーになるには、ゲームを作るための知識が必要となりますが、その知識・技術を身につけるためには大学や専門学校に通うのが有効です。ただ、実際にゲームプログラマーになるにはただ学校に通っていれば良いわけではなく、それ以外にも必要なものがあります。それがパソコン、インターネット回線などで、その中でもパソコンは最も必要なものだといえます。

資格取得のために必要な費用

ゲームプログラマーになるには特殊の資格を持っていなければならないというルールはありません。しかし実際に働くためには自分の知識や技術を証明する必要があり、その場合は基本情報技術者試験などの国家資格や、プログラミングスキルを証明する資格を取得します。試験の費用はその資格によっても違いますが、例えば基本情報技術者試験の場合は受験手数料が五千七百円となっています。

広告募集中